小学校受験:ペーパー1日何枚やればいいの?

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています
小学校受験:ペーパー対策

小学校受験を決めたら、避けて通れないペーパー。

難関校に受かる子は、1日100枚やっているという噂も聞こえてくるけれど、実際、子どもに1日何枚やらせるのがいいのかそんなにやってくれるのだろうかと不安になりますよね。

本記事では、小学校受験を2度経験した我が家の、ペーパーの進め方についてまとめました。

娘の場合(第一子)

年中の10月~2月くらいまで

この時点では、毎日やる習慣はとくになくて、平日気が向いたときに2~3枚やらせていたくらい…

年中3月~年長6月くらいまで

軽い気持ちで2月の模試の結果を受けてみる。

あまりの結果の悪さに呆然…

塾の先生に、「4枚くらいでいいので、毎日やってください…!」とお願いされました。

「そっか、毎日やらないといけないんだ…。」と反省した私。

それからは、先生に言われたとおり、4枚やらせていました。

年長になってからは、1枚増やして5枚に。

年長7月

娘のペーパーの理解度UPに伴い、2枚増やして毎日7枚やることに。

6月末に、娘に「少しずつ増えていくからね~」と予告していたので、案外すんなり受け入れてくれました。

年長8月

一気に3枚増やして10枚へ。

このころには、娘も「やらなきゃいけないものだ」という意識が高まっているのを実感しました。

でも難しいペーパーにぶち当たると、娘も「もうペーパーいやだ~!(泣)」と投げだしたりすることも。

私も必死でやらせようとしていたこともあり、この時期は母子でよくバトルしていました…

年長9月~本番まで

ラストスパートに向けて15枚へ。

と言いたいところなのですが、私もバトル疲れを起こしていたし、娘にもそれ以上負担を強いるのは気が引け、そのまま10枚で据え置くことにしたのでした。

でも必ず毎日10枚はやる!と決めて。

息子の場合(第二子)

年中の間

2人目ってこうも楽なのかしらと思うところは、ペーパーをやる雰囲気が当たり前にあるということ。

毎日5枚こなしていました。

要領の良い息子です。

毎日5枚を課されることを理解すると、息子は、自分自身でペーパーの量を調節するようになりました。

できる日に多めにやったり、やりたくない日は翌日に回したりなど。

「昨日6枚やったから、今日は4枚でいいんだ~♪」

「今日はやりたくないから、明日10枚やる!」

「明日の分までやっておきたいから、今日10枚やる!」

おお、なんかすごい…いろいろ計算してるな。まあいいけど。

年長~本番まで

息子の場合、夏期講習などの補修には一切課金しませんでした。

娘がやり残したペーパーが大量に残っていたし、親にもお受験のノウハウが蓄積されていたので、そのノウハウをフル回転させてお受験に臨もうと決意したからです。

そのかわりに、ペーパーは欠かさず毎日やることを目標に取り組みました。

毎日10枚を限度に、毎日必ずやると決めて取り組みました。

まとめ

2人のお受験を経験して分かったことは「〇枚やらなければいけない」という正解はないということです。

我が家の場合、1日10枚を限度に取り組んでいましたが、二人ともご縁をいただくことができました。

子どもの適性やそのときの習熟度に合わせて、お子さんと一緒に話し合いながら決めていくのがいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました