都庁の展望室は子連れで楽しい

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています
小学校に入学してから

都庁の展望室に行ったことはありますか?

東京タワーや東京スカイツリーのように、すばらしい眺望を楽しむことができる施設なのにもかかわらず、なんと料金は「無料」という、コスパの良すぎる、穴場的観光スポットです。

本記事では、都庁に子連れで行って分かったことや、感じたことについてまとめました。

都庁へ行く道からすでに楽しい

なんか怖いけど、つい見ちゃう「新宿の目」

新宿駅を降りて、都庁へ続く地下道に向かう途中に「新宿の目」を発見!

新宿の目

子どもたちは「なんかこわい~」と言いながらも見入っていました。

パパ
パパ

反対側にもう片方の目があって、あのあたりに鼻があるんだよ フフ…

パパの冗談を真に受けて、「そうなんだ~!」とびっくりして探す子どもたち(笑)

いろいろ想像を膨らませつつ、「新宿の目」を堪能しました。

動く歩道でワクワク♪

都庁へと続く地下道には、動く歩道があります。

都庁へ向かう動く歩道

以前は平日しか動いていなかったようですが、日曜日でも動いていました。

エスカレーターが平らになっただけなのだけど、子どもにはとても魅力的に映るようです。

都庁まで10分少し歩くけど、この動く歩道のおかげで、子どもたちもサクサクの楽しそうに歩いてくれました。

「北展望室」と「南展望室」どっちに行くべき?

結論から言うと、我が家のおすすめは「南展望室」です!

まずは南展望室へ行ってみる

我が家は何も考えず「南展望室」に行ってみました。

天気もよくて眺めも最高!コクーンタワーや、遠くに東京スカイツリーも見える!

ママ
ママ

お茶するところもあってゆっくりくつろげそう!

パパ
パパ

「とぅーしーん」の「しーん」のところが目になってるね。新宿の目かな?

予想よりもおしゃれな空間に、満足な私たちでした。

次に「北展望室」へ

よし、じゃあ「北展望室」に行って、お茶でもしようか♪

と、お茶する気満々で「北展望室」に行った私たち。

うん、眺望は南と変わらない素晴らしさ!…でも。

「なんか、コーヒーとかビールは無さそうだね…」とパパ。

確かに、簡素ながらもお土産屋さんもあるし、テーブルやいすが合って、休憩することはできる。

でも…。

「南展望室」に比べると、ちょっとさみしく感じる…

気をとりなして、お土産屋さんで買ったアメを食べつつ一休みすることに。

娘が一目ぼれしたなカラフルなアメ

アメを食べ終えたた私たちは、なんだか帰るのが惜しくて、結局もう一度「南展望室」に向かったのでした。

パパ
パパ

行ったり来たりできるのも、「入場無料」だから成り立つよね

再び「南展望室」へ向かう

こんなに「南展望室」と「北展望室」を行ったり来たりする家族っているのかな…

なんて考えつつ、南展望室に戻った私たち。抹茶アイスとコーヒーを堪能♪

抹茶が濃くて本当においしい!戻ってきてよかった~♪

抹茶アイス、子どもと半分こしようとしたのに、全部食べられちゃったから、自分用にもう1個購入!

器もおしゃれでいい感じ!

お土産屋さんにも、アイスと同じ形のキーホルダーが売っていたなぁ。ここの名物なのかな。

「おもいでピアノ」で弾くもよし。聞くもよし。見るもよし。

「おもいでピアノ」とは?

南展望室にある「おもいでピアノ

都庁を訪れる人々への「おもてなし」の一つとなっているようです。

デザインが奇抜で目を引きます。

だれでも弾いていいの?

特に予約は不要で、並んで順番を待てば、誰でも弾くことが可能です。

おもいでピアノ利用方法は都庁の展望室の案内ページで確認ができます。

あまりにも誰も弾いていないので、今日は弾いちゃいけないのかな…?と勝手に思っていましたが、2回目に訪れたときは、弾いている人がちゃんといました!

おもいでピアノ

音楽だけではなく、人間観察も楽しい「おもいでピアノ」

ポップソングを弾く男性、ピアノの先生と生徒らしき二人組、自信たっぷりに弾く外国人のおじさんなどが、入れ替わりピアノを弾いていく姿を見るのが楽しい。

さまざまな人の音楽に耳を傾けながらのんびり過ごす、ぜいたくな時間でした。

ふと、小さな男の子とお母さんが並んでいるのに気づく。

お母さんが弾くのかな?と思ってそのまま見ていたところ、椅子に座ったのは男の子。

ママ
ママ

どんな曲を弾くんだろう、相当上手なんだろうなぁ

ワクワクしながら見守っていた私たち。

「ド、レ、ミ。ド、レ、ミ。ソ…」

まで弾いたところで、男の子は満足そうに席を立ちました。

お母さんも、なんだか誇らしそうでした。

「これが賢母というのだろうなぁ…見習わなければ!」

外国人観光客も多くいるこの環境で、物おじせず、堂々とピアノを弾いた男の子の勇気にも感心しました。

「次来たときには、私も弾いてみたい!」とやる気になっている娘を見て、男の子の行動が、娘にもいい影響を与えてくれたんだと嬉しく思いました。

夜に訪れるなら、プロジェクションマッピングを見たい

夜にはプロジェクションマッピングをやっているようです。

我が家は夜まで滞在できなかったので、次回の楽しみにとっておこうと思います。

映えスポットに寄り道して帰る

都庁からの帰り道は、地上からてくてく帰りました。

定番の映えスポットで写真をパチリ。

そのあとは子どもにせがまれて、地下道の動く歩道までもどる羽目に。

遠回りして足疲れた…

まとめ

無料だからとあまり期待していなかった都庁観光ですが、子連れでも存分に楽しめた上に、リピートしてくなる魅力満載でした。

新宿に訪れた際にはぜひ立ち寄りたい、おススメスポットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました