小学校受験:しりとり対策

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています
小学校受験:ペーパー対策
DSC_0267

子供はしりとり遊びが好きですよね♪

何もなくても、どこでも取り組めるペーパー対策です。

本記事では、我が家のしりとりに関する取り組みについてまとめました。

しりとり遊びで、ついでに季節対策も♪

母「しりとり」→娘「り…りんご!」→母「五月人形」→娘「う…うし!」→母「菖蒲(しょうぶ)」→娘「ぶ…ぶどう!」→母「」→娘「め…めだか!」→母「柏餅

などなど、子供は普通に楽しくしりとりしているつもりでも、私はひそかに季節対策ワードでしりとりしていたのでした(笑)自分自身も脳トレになって良いです♪

くもんの「ひらがなしりとりパズル」を活用

ばあばからプレゼントされたくもんの「ひらがなしりとりパズル」

我が家は、姉弟でことばピースをどちらが長くつなげられるかを競って遊びます。

ことばピースは100個もあって、遊びがいがあります。

何も書いていない白ピースも10個あるので、絵を描いたりしてオリジナルのピースも作れます♪

手に良くなじんで扱いやすいピースです。

これで家でも楽しくしりとり対策できます♪

ひらがなしりとりパズルの文字ピース

しりとりの応用編「あたまとり」に挑戦!

しりとりは漢字で書くと「尻取り」、「尻」の言葉を取るから「しりとり」ですね。

対してあたまとりは漢字で書くと「頭取り」、「頭」の言葉を取るから「あたまとり」です。

しりとりだと「しりと」→「」→「りら」のように最後の言葉で続けていきますが、あたまとりの場合はその逆です。

りとり」→「」→「」→「たんて

のように、頭の文字が次の言葉の最後の文字になるようにつなげていきます。

なかなかの難易度…

でもこれができるようになれば、しりとりのペーパーも余裕になっちゃうかも!?

娘と一緒にこれに挑戦するのですが、親子共に頭が混乱することもしばしば(笑)

しりとり自体が嫌いになっちゃうと本末転倒なので、楽しめる程度にほどほどにやるのがいいかもしれません。

「絵しりとり」が暇つぶしに最適♪

らくがき帳に、絵を描いて、子どもと絵でしりとりするのも楽しい対策。

下手過ぎるママの絵をみて、「へんな絵~!ラクダにみえない~」と笑われることもしばしば(笑)

親子のコミュニケーションの一つとしてもかなり楽しいので、手元に何もないときの暇つぶしにもおすすめです!

さいごに

しりとりは、いかに語彙(ごい)を知っているかがポイント!

私自身も、子供に語彙(ごい)を増やさせるべく、意識して話すように心がけています。

親も勉強が必要ですが、楽しみながら続けることができればいいなと思っています。

 

楽しいしりとりの本です。11ぴきのねこシリーズの方の絵で、目で見て楽しい一冊♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました