私立小学校に入学後:地元の友達ができない問題について

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています
小学校に入学してから

私立・国立小学校に入学するデメリットの一つに、地元の友達ができにくいというものがあります。

私も娘の小学校受験を決意した際に、この点についてはかなり悩みました。

娘に恨まれるんじゃないかしら…

でもそれは取り越し苦労でした。ちゃんと地元のお友達にも恵まれることができたのです。

本記事では、私立小学校に通いながらも、地元のお友達を作る方法について、我が家の体験をもとにまとめました。

学童は公立に行かせる

私立小学校に通わせるとなると、ワーママの場合、学童をどうするか悩みますよね。

私立小学校でも学童を運営している学校はいいけど、ない場合は民間の学童に頼るしかないのかな…

でもちょっと待ってください!

意外なことに、学区内の公立小学校に併設されている学童でも、預かってもらえます。

一度、お住まいの学区の学童に、問い合わせてみてはいかがでしょうか?

実際に、娘は私立小学校に通いながらも、家のそばの公立小学校の学童にも所属しています。

公立の学童に行かせるメリット

  • 地元の友達ができる
  • 夏休み等の長期休みに、公共交通機関を使わずに歩いて通うことができる(一人で行って帰ってこれる)
  • 料金が安い
  • 広い校庭や体育館を利用できる
ママ
ママ

地元のお友達と、近所の公園で遊べるのは、メリット大!

公立の学童に行かせるデメリット

  • 公立小学校に合わせたスケジュールのため、利用できない日、時間がある
  • PTAのような役員決めが存在する学童もあるので、役員になった場合、負担が発生する
  • 圧倒的に公立小学校の子供が多いため、珍しがられる(娘は行き帰りに制服をじろじろ見られるのが嫌みたいです…)

 私立小学校のお友達とは、平日に子供だけで集まるというのはなかなか現実的に難しいので、その点において、公立の学童に行かせて本当によかったなと感じています。

習い事は地元で

これは、私立小学校に入学させることが決まったときから決めていました。

受験のときは、塾の他に習い事はさせていませんでしたが、小学校になったら好きなダンスをやらせてあげたいと思っていました。

地元紙や公民館の張り紙などを見ると、習い事の情報が山ほど掲載されていたので、その中から娘が家から通いやすいところを選びました。

先生も生徒も地元の人たちばかりで、大人も子供も肩の力を抜いて楽しめますし、異年齢のお友達もできて、娘も嬉しそうでした。

ボランティアや地域活動に積極的に参加

地元紙などをみていると、ボランティアや地域のお祭り、イベント情報などたくさん載っています。

我が家では日程が合えば、積極的に参加するように心がけています。

まとめ

私立小学校に通う娘にとって、地元に顔見知りの大人やお友達が多くいると、防犯面でもとても良いと思います。

工夫次第で、地元のお友達を増やすことは可能です。

また、私立小学校とは別のコミュニティに属することは、子供にとって良い刺激となっていると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました